FC2ブログ

糖化

2012-02-09

木曜になりました。
浜本です^^

今日は栄養の糖質についてお話します^^


今はタンパク質、脂質、糖質、ビタミン、ミネラル、食物繊維の6つで
六大栄養素となっています。

この中で、ずば抜けて摂っているのが糖質です。
平均で一日必要な量の19倍は摂ってしまっている現状です。
これがどう影響するのか??


それは、まずこのGI値を見てみましょう。
GI値とはインスリン値です。
グリセミック指数といって糖分が体に吸収される速さの値です。
数字が大きいほど早く体に吸収されてしまいます。
特に白米、パンなど主食になるものは高めです。
これが空腹時に体に入るとどういった事が起こっているでしょう。
一気に大量に吸収される糖はインスリンの作用によって抑えられます。
大量にやってくる糖に対してインスリンも大量に分泌されます。
すると、糖分を一気に抑えた時に元の状態よりも糖が不足してしまう現象が起きます。
この時に起こる症状としては食後の眠気、ぼんやりするといった感じの症状が出ます。
この症状が出ている方は要注意^^;
脳までエネルギーが行っていない証拠です。
低血糖の可能性があり、ここからどうなるか。。。
グルカゴンという物質で脳を働かせます。
この時にアドレナリン、ノルアドレナリンというホルモンが分泌されます。
アドレナリンというホルモンの特徴は攻撃ホルモンでイライラなど起こりやすいです。
ノルアドレナリンは不安ホルモンでへこみがちになりやすいです。
どちらとも自律神経に作用します。
こうなった時はコントロールができません。そして日々繰り返されると
精神面では、キレる、叫ぶ、うつ、ひきこもり、自閉症etc
肉体面では、肩こり、めまい、目覚めが悪い、疲労感etc
が症状ででたりします。
さらに体が糖化していくと体内で炎症が起こります。
これが慢性化するとがん細胞が発達します。

これは怖い!!

対応策は、小さいころに躾けられた三点食いをやめましょう。
なるべく野菜類全部食べる、おかず全部食べる、最後にゴハン食べる。
これをすると糖の吸収率は下がります。
これはダイエットにもつながるのでオススメです^^

あと、できれば玄米や全粒粉のパンなどがオススメです^^

らくーだに来ていただいたらアドバイスいたします^^v



スポンサーサイト



トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

QRコード
QR